たかが写真と思って気を抜いてはいけない婚活サイトのプロフ写真

出典参考記事{登録前に必見!Omiai女性会員の口コミに共通する3つの評判とは

今の時代、婚活といっても相談所に行って相手と会ってというスタイルだけではなく、多種多様な婚活が出来るようになりました。

そんな中でも婚活サイトを利用した婚活は非常に人気で、忙しい現代の独身者には利用しやすく便利なものです。

なので多くの登録者がいる大手サイトもたくさんあります。

婚活サイトはプロフを載せ、自分とマッチングする相手を見つけれるのですが、その時に大事になってくるのが相手のもそうですが自分のプロフィールの写真です。

たかが写真と侮っては素敵な出会いに遠回りになることもあります。

プロフィール写真は必要なのか

まず一番に思うことはプロフィール写真は必要なのかどうかです。自分の写真をネットに出すなんて恥ずかしいしなんか怖いという人も少なくないものです。

色んなリスクを考えて写真をあえて載せていたい人もいます。しかし写真は載せている方が出会い率はグンとアップします。

やはり顔も知らない相手とのやり取りは不安でもありますし、どんな人か会った時にわかるよりも事前に知っておいた方が会った後の付き合いも消えにくいものです。

やはり見た目は最重要ではないものの重要ポイントとはっきり言えます。

決して美男美女がいいというわけではなくても、相手に求める上で清潔感や相手の雰囲気は重要な選択部分になります。

なので自分の顔に自信がなくても相手に自分の雰囲気を伝えるには載せておいた方が伝わりやすいですし、メッセージのやり取り数も顕著に違ってきます。

ネットに自分の写真を載せることに抵抗はあると思いますが、コピーされないようにサイト側がガードしていることも多いので悪用は少ないと思われます。

どんな写真がいいのか

自分の写真を載せるとき、何でもいいというわけではありません。まずアップされるときに厳しい基準がサイトごとにあるのでそれをクリアする必要があります。

基本的に顔全体が見えるもの、光が明るすぎたりピンボケではっきりと顔が判断できないもの。

プリクラは禁止というところが多いです。また顔をぬいぐるみなどで一部隠しているのも却下される場合があります。

それ以外に大切になってくるのが視線です。顎を引きすぎて目線が上になり怖い印象になっている写真は多く見かけます。

できることなら少し笑顔の自然な写真がやはり印象はいいです。他にも何か自分の好きなものと一緒に写っているものを利用するのは効果的ですが、いちばんは自分の顔がちゃんとわかるものです。

遠くに写っている写真もよく見えないのでお勧めできません。