妊活、妊娠中に必要な葉酸、サプリメントで摂取する場合の注意点

葉酸摂取は妊活中から

最近テレビやCMでよく耳にする葉酸ですが、その効果はどのようなものがあるのでしょうか。

葉酸には酸素を身体に運んでくれる赤血球を作る役割があり、葉酸が不足すると貧血になります。

また最近では、妊娠中に葉酸を取ると、神経管閉鎖障害の発症リスクを抑えることができることが研究でわかってきました。

妊娠中は、妊娠する前より貧血にもなりやすいですし、摂取することで赤ちゃんを守ることができるのなら葉酸を積極的に取っていきたいですね

妊娠中特に葉酸が必要な時期は、妊娠して1ヶ月から3ヶ月です。

この時期に葉酸を取ることにより、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすことができると言われています。

妊娠1,2ヶ月はまだ妊娠しているかどうかがわかっていない時期ですので、妊娠を希望している人は、妊娠する前から摂取することをお勧めします。

葉酸の取り方

では、葉酸はどのような食べ物に含まれているのでしょうか。

焼き海苔や納豆、レバーや枝豆にほうれん草にかぼちゃなど。

調べてみるといろんな食べ物があり、これだけあると毎日葉酸を摂取することも可能だと思ってしまいます。

しかし注意しないといけないことは、葉酸は水溶性のために水に溶け出しやすく、さらに熱に弱いということです。

そのため調理をすると半分は失われてしまうことが多いです。

葉酸の必要な摂取量は、一日に240μg、妊娠を規模している人や妊婦さんでは一日400μgです。

これだけの量を食事から取ることは難しいですが、最近ではサプリメントがあるため手軽に摂取することができます。

サプリメントで摂取する場合は、葉酸の過剰摂取に注意

葉酸は妊婦の身体にも胎児にとっても大切なものです。

しかし良いものだからといって取りすぎると良くないこともわかっています。

妊娠中では葉酸の一日の摂取量は400μgですが、これを1000μg以上超えてしまうと摂り過ぎになってしまいます。

葉酸の過剰摂取は、閉経後に乳がんになるリスクが上がりますし、赤ちゃんにとっても発育不全や成長が障害されてしまう可能性があります。

普段の食事から摂取するだけでは葉酸を取りすぎることはありませんが、サプリメントだと簡単に一日の摂取量を超えてしまう可能性があるので、注意が必要です。

自分の身体のために、そして赤ちゃんのために、正しい知識を持って葉酸を摂取することが大切です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク